事務プロフィール

松波 太郎

(マツナミ タロウ)

・2008年 「廃車」( 原題「革命」) で文學界新人賞を受賞

・2009年 「よもぎ学園高等学校蹴球部」で芥川賞候補

・2013年 「LIFE」で芥川賞候補

・2014年 『LIFE』で野間文芸新人賞を受賞

・2016年 「ホモサピエンスの瞬間」で芥川賞候補

単行本としては他に『月刊「小説」』(河出書房新社)、『自由小説集』(集英社(電子書籍))、『本を気持ちよく読めるからだになるための本』(晶文社)、『カルチャーセンター』(書肆侃侃房)がある。

新人文学賞の一次選考も担当する。

・2018年  10年間お世話になった紙の媒体から一度離れて 、 活字にこだわらない小説の道へと進む。