読む

reading

書く

writing

創作センターとは、小説を読み合い、書き合うワークショップのことです。

読み合い、書き合うことで、個人の力がついていくのはもちろんのこと、〝小説〟そのものの力を再発見できればと思っております。

〝小説〟の誕生の瞬間をいっしょに目のあたりにしましょう。

このワークショップは講師からの一方的な講義のようなものではなく、受講生の方には自分が小説だと感じるものを創作してきてもらい、それを皆で読んで意見し合うという形式のものになります。もちろん適宜レクチャーやアドバイス等は挟んでいくつもりです。

これからプロの作家になろうとしている人や、趣味として小説を書いている人、まったく小説を書いたことはないけれど興味をもっている人や、文章や字にもまったく興味はもっていない人でも、歓迎いたします。

〝小説〟を字や文章に無理やり押しこめる必要はありません。文章以外のことはあいにく講師にはレクチャーできませんが、必要とあらば絵や写真や動画なども混ぜていただいても構わないというスタンスではあります。

リラックスしてご参加ください。